HOME>注目記事>加齢とともに加速する物忘れは、薬で改善出来ます
錠剤

オンジエキスで確かな効果

40代を過ぎると、物忘れがひどくなってきたと感じる人が増える傾向にあります。そして50、60代とさらに年齢を重ねるにつれて、物忘れは加速していき、日常生活を送るのが不便になってきてしまいます。加齢は、脳細胞の活性化を阻害してしまうので物忘れは仕方ないことですが、何とかしたいと悩む人はたくさんいます。そのような人のためにおすすめの薬が、ワスノンです。小林製薬が発売した錠剤タイプの薬で、1ヶ月約4000円程度の料金で非常にリーズナブルです。古くから記憶力向上効果があるとされている「オンジ」という成分で作られており、オンジエキスEXが豊富に配合されていて効果は抜群。実際にワスノンを使用した人の口コミを見てみると、本当に物忘れが気にならなくなった、といった口コミが多く、人気であることがうかがえます。

認知症との違いと使い方

物忘れは、認知症とは違うのでワスノンは認知症の治療としての効果はありません。例えば、ものを「どこへ置いたか忘れた」というのが物忘れであるのに対し、認知症は自分で置いたことすら忘れている、または見当たらないから「だれかに盗られたかもしれない」といったような妄想的思考回路になる傾向があります。認知症は効果的な治療法がなく、専門病院へ通ったりしながら長期的にケアをしていく必要があります。物忘れの症状が悪化し、上記のような妄想を頻繁にしてしまうようになったら、病院へ行きましょう。また、ワスノンは15歳以上の大人が、1日3回、2錠を飲むというのが正しい服用方法になります。効果がすぐに現れないからと言って容量を勝手に増やしたりすることはやめましょう。また購入を迷っている場合は、口コミサイトなどを見て参考にするのがオススメです。

広告募集中