中年になるとホルモンが減少します

寝込む女性

40代~50代半ば頃までは更年期と言われ、この時期では女性ホルモンのエストロゲンの分泌が急に減るようになり、その結果色々な症状が出やすくなります。そしてこのような場合には、肩こりや疲れやすさなどの体の状態の他に憂うつなどの精神的な症状が現れることもあります。そのためこの時期には、女性ホルモンに似たような働きを持っているものを食品やサプリなどで採るようにすると良いでしょう。なおこの場合の成分は「エクオール」というもので、大豆に多く含まれているイソフラボンなどに入っています。ですから大豆の煮物や豆腐などをたくさん食べるようにしたり、イソフラボンが入っていたりするような健康食品やサプリメントなどを利用してみるとプラスになりやすいはずです。

生活にも気をつけましょう

腹痛

更年期で、のぼせなどの辛い症状が出る場合にはホルモンの減少だけでなく仕事や人間関係などでのストレスが影響することもあります。ですからホルモンの状態を良くすることに加えて、ストレスを少なくするような生活を心がけることも大切になります。この場合は辛いと感じることを避けたり、気持ちを良い方に切り替えるような趣味を作るようにすると良いでしょう。また、規則正しい食生活や十分な睡眠を行うようにして、健康にもプラスになるような生活方法を考えることをお勧めします。さらに適度な運動を行うと、血行などの体の状態や抑うつなどの精神的な症状などを改善できる可能性があるので、ウォーキングなどを行うようにするのも良いはずです。

特に注意した方が良いこともあります

医者と看護師

この他で更年期の症状を良くするために注意するべきこととして、タバコやアルコールなどを避けるということがあります。健康に良い栄養素などを採ることは非常にプラスになりますが、タバコなどを飲んでしまうとこちらとの関係で調子が悪くなる可能性が出てくるので注意が必要です。また、自分だけでは症状が改善できないような場合やどんな食事にしたら良いかが分からないときは、そこで諦めずに病院に行って医師に相談してみると良いでしょう。その場合には薬物療法として薬を飲む場合もありますが、そんなときでも食事や飲み物などの影響は出やすいので使用する飲食物に関してはよく考えることをお勧めします。そしてこのようなことに関しては、実際に更年期の症状で辛い思いをした人達の感想をサイトなどで読んでみると、参考になる可能性があります。以上のように更年期の症状の辛さを治したい場合は、適切な方法を効果が上がるような形で行うようにすることが大切でしょう。

広告募集中